化学電池

化学電池

いまは、いろいろな電池があります。
そんないろいろな電池を紹介していこうと思います。
化学電池(かがくでんち)は、エネルギーを化学反応によって直接に直流電力に変換する電池(電力機器)である。

物理電池

物理電池

光や熱による物理変化によって生じるエネルギー(放射エネルギー)を電気エネルギーに変換するもの。

電池の歴史

紀元前250年頃 世界最古の電池との説があるバグダッド電池(イラク)が作られる(実際には電池として使用はされていない)。
1791年 ルイージ・ガルヴァーニ(イタリア)、ガルバニ電池を発見。
1800年 アレッサンドロ・ボルタ(イタリア)、ボルタ電池を発明。
1802年 物理学者ヨハン・ウィルヘルム・リッター(ドイツ)、小型一次電池を発明。
1866年 ジョルジュ・ルクランシェ(フランス)、ルクランシェ電池(マンガン乾電池の原型)を発明。
今までの電池で使われていた電解液をゲル状にしたもので、これが現行使われる乾電池の原型となる。
1881年 ティーボウ(J.A.Thiebaut)が亜鉛の容器に負極と多孔質の容器の両方の役割を持たせた最初の電池で特許を取る。
1887年 屋井先蔵(日本)、乾電池を発明。
カール・ガスナー(Carl Gassner)(ドイツ)、乾電池の特許を取得。
1899年 ユングナー(スウェーデン)、ニッケル・カドミウム蓄電池を発明。
1900年 トーマス・エジソン(米国)、ニッケル・鉄蓄電池を発明。
1959年 エバレディ(Eveready)(米国)、アルカリ乾電池を開発。
2004年 パナソニック(旧松下)(日本)、オキシライド乾電池を発売。
2008年 パナソニック(旧松下)(日本)、エボルタ乾電池(アルカリ乾電池)を発売。

電池の歴史

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net